目的別ロッドの選び方

キス釣り用ロッド

ボートのキス釣りといっても、それ以外の釣りのスタイルによって使うタックルは違います。
>キス釣り専門の方もいれば、五目釣りの合間にキス釣りをする方もいる。
同じ五目釣りでも、エサ釣りをする場合とルアーで釣る場合など、いろんなスタイルがある訳です。

タックルは釣りの種類ごとに専用のものがありますが、種目別にタックルを揃えればそれ相当のお金がかかります。
それに最初から高価な専用ロッドを使っても、腕がついてこなければ宝の持ち腐れです。
経験を積めば必ずロッドに求めるポテンシャルが見えてきますので、少しずつステップアップしていけばいいと思います。

キス専用ロッド

名前のとおりキス釣りをするために設計されたロッドです。

オモリ負荷では5号から30号までのものがありますが、ボートの釣りでは水深もあまり深くないので5〜10号が感度の面でもちょうどいいと思います。
釣具店に行けば、入門用に安いものならプロマリンのロッドが2,000〜3,000円程度で売られています。
メーカー品ではありませんが、他のノーブランド品に比べると品質はいいと思います。安いから釣れないということはありませんから、とりあえずと言うならこれで十分です。

メーカー品では、軽くて使いやすいものにダイワの「キスV 180S」「フィルダー キス 180」
それにアルファタックルの「NEW海人 シロギス180 LITE」などがあります。
この辺りのロッドだと、シロギス以外にカレイやカサゴなどがかかってもなんとか取り込むこともできるので、初心者の方からベテランまで使う方を選ばないと思います。

また、キス専用のロッドの中には、アルファータックルの「プロファイター美帆 キス10/20-180」のようにオモリ負荷の違う替え穂先がセットになったものもあります。
これだと穂先を替えることで10号をシロギス専用として使ったり、20号でシロギスとカレイやカサゴ、アイナメなどの根魚を狙ったりすることもできます。

他のジャンルのロッドを使う

キス釣りにはスピニングリールを使います。ですからスピニングリール用のロッドが必要なんですが
船用のロッドはキスやカレイ専用ロッド以外は、ほとんどベイトリール用になっていますので、選択肢はコンパクトロッドやルアーロッドに絞られます。

コンパクトロッドやルアーロッドの利点としては一本の竿でいろいろな釣りに流用できるところですが、なかでもミディアムライトクラスのバスロッドはキス釣りにとても向いています。
取り回しの良さと感度がいいので、私を含め、専用竿として使っている方も多いです。
それに、いざとなればシーバスロッドにもエギングロッドにも変身してくれるのがうれしいですね。
実際、秋口にはキス釣りに使っているバスロッドで、アオリイカの新子をかなり釣りました。はっきり言ってこの時期の新子はエギングロッドでなくてもバスロッドで十分です。
同じフィールドで同じ時期に釣るだけにかなり重宝しますよ。

バスロッドにもピンからキリまでありますが高価なものはいりません。1万円以下で十分です。
ダイワなら「クロスビート 662MLFS」「プライムゲート 632MLFS」
シマノなら「バスライズ 2602-2」「バスワン 2602-2」が使いやすくておすすめです。

この他にも使えるロッドはありますが、メバルロッドは弱すぎて取り込みが大変ですし、シーバスロッドやエギングロドでは硬すぎてアタリが取れず、食い込みも悪いと思います。