シロギスはいつ釣れる

神経質なシロギスのまじめな生活 シロギスを釣ろうと思えばまずシロギスってどんな魚なのかを解ってやることが大切です。

シロギスの生態や習性を知るということは、シロギスが釣れるポイントや釣り方、それにどんなエサを使ってどんな仕掛けが向いているのかを知るための大きな手掛かりになってくれます。

まず相手をよく知ること。そこからキス釣りは始まります。

鱚の種類と習性

パールホワイトに輝くシロギスは海の貴婦人ともいわれるぐらいで、その姿はとても美しいです。

一般にキスと呼んでいる魚はこのシロギスで、キス釣りといえばほとんどシロギス釣りのことをいいますね。キスにはこのシロギスの他にアオギスやホシギス・モトギスという種類もいます。でもアオギスは現在その生息数が非常に少なくなり絶滅危惧種に指定されていますし、ホシギス・モトギスは九州以南の地方でしかお目にかかれないので、キス釣りといえばシロギスと思って間違いないでしょう。

キス釣りをしているときにたまにかかる外道のトラギスは、名前にキスとつくもののこいつはトラギス科という別種の魚で、よく見るとハゼに近い顔つきをしています。この魚も白身でおいしくいただけるので、私の場合は持って帰りますよ。

キス釣りは浜辺でするものというイメージがあるように、シロギスは砂底に生息する魚でゴカイ類や小さな甲殻類などをエサにしています。シロギスは砂底に岩や海藻の茂みが点々とあるようなところが格好の住処で、潮通しのいいきれいな水質を好みます。波の高いときなんかは砂を巻き上げるので海が濁りますよね。こんなときは少し沖目の砂底で身を潜め波が収まるのを待っているようです。

キスの性格は神経質で、規則正しい生活をするまじめな魚です。音に敏感でボートのエンジン音やアンカーの投げ入れにも気遣いが要りますし、仕掛けを回収するときもリールを無造作に早巻きすると驚いて散ってしまうほどです。シロギスは日が暮れると砂に潜って眠りにつき、夜明けとともに砂から出て行動し始めという、規則正しいところもある魚です。でもシロギスも大型になると、夜でも補食などの活動をするようです。

シロギスの生態と釣れる季節

シロギスは春から夏にかけて産卵をします。この時期は水深1〜3mぐらいまで平気で寄ってきますので浅い場所でも大型のシロギスが釣れます。シロギスは長い時間をかけ数回にわけて産卵しますので大型のシロギスを狙える機会も多くてファンにはたまらん季節といえます。

大型のシロギスといえば30センチを超えるようなでかいシロギスを釣り用語で肘タタキと呼んでいます。シロギスの頭をつかんだときに尾が肘をたたくほど大きいということでこう呼ぶんだそうで、キス釣りでは肘タタキを釣るのがステータスだったりするんですね。

産卵後、岸近くの浅い場所で育ったキスの稚魚は秋頃に8〜10センチの大きさになり大人の仲間入りをするようになります。それまで表層のプランクトンを食べていた稚魚も底へつくようになり体色もだんだんピンクがかったパールホワイトに色付いていきます。この子供のシロギスがいわゆるピンギスと呼ばれるヤツでこの時期には数釣りが楽しめ10センチほどの大きさのシロギスが嫌ほど釣れます。

10〜11月中頃になるとシロギスは越冬に備えて荒食いをするようになります。この時期のシロギスを落ちギスといって20センチを超える大型の数釣りを楽むならシーズン中で最高の季節になります。それがすぎると秋も深まりやがて冬ともなると水温も徐々に下がりシロギスも深い場所へと生活場所を変えていきます。キスは冬場40〜50mで過ごすともいわれていますのでこの季節は釣りにならないです。冬の日本海は荒れる日も多く寒くなるにつれボートから足が遠のきますのでちょうどいいかも知れないですね。