ボートのキス釣りでの置き竿の仕方

キス釣りの仕方・置き竿の効果

浜辺の投げ釣りではよく竿が何本も並んで置かれているのを見かけます。

これは置き竿といって一人で3本ぐらい三脚に立てて並べ、アタリを待つという釣り方です。キス釣りだけなら仕掛けを引いてくる釣り方でいいわけですが、こうして置き竿にしておくといろいろな種類の魚が掛かるのでこれもおもしろい釣りです。

ボートのキス釣りでも同じように置き竿をすればいろんな魚が釣れるかもしれないし、それに竿が増えれば釣れる数も多くなるのではと思うのは当然ですね。

私の場合は置き竿を使いますがこれは釣れるシロギスの数を増やそうとしてやっている訳ではありません。もともと狭いボートの中で釣るわけですから浜辺からの投げ釣りとは状況も大きく違いますしポイントを移動しながら釣るというスタイルですから同じ置き竿でも考え方はまったく違うんです。

置き竿の理由と効果

ボートのキス釣りの場合はキス釣りが中心であることに代わりはありませんが、実際にはメゴチやカレイ、フグなどが仕掛けに掛かることがあります。シロギスのいるところにはこういった魚たちもいる訳ですからエサに食い付いてきても何の不思議もありませんよね。

まあ釣れた魚がチャリコやベラ、それにフグだったりするとあまり嬉しくはないんですが、これがカレイやカワハギだと嬉しいお土産になるんですよ。でもこの外道たちも釣ろうと思って釣れるものではありませんし、そんなこと考えてたら肝心のシロギスを釣ることができません。

それなら外道のためにもう一本置き竿というものを使ってみたらどうかということです。本命でないもののために気をそがれるのはおもしろくありませんから「釣れたらよし」ぐらいの気持ちで置き竿というより捨て竿とします。

だいたい狭いボートの中で一人で二本の竿を使おうということ自体無茶な話でどちらかに集中しないと釣れる訳がないです。二本の竿を使うなら一本は捨て竿のつもりで魚が掛かってくれるまで無視していたらいいんです。

これとは別に移動中の置き竿というのもあります。手漕ぎのボートやエレキを使ってゆっくりポイントを移動する場合、約10センチぐらいのピンギスやメゴチを飲ませ釣り仕掛けに付けたまま放っておくとヒラメやマゴチを狙うことができます。夏になるとヒラメはシロギスなどを追って漁港や海岸近くまでよってくるのでこういった釣り方ができます。

ヒラメなんて高級魚がお土産になればこれはうれしいですよ。

置き竿の使い方

置き竿をするには絶対にしっかりしたロッドホルダーが必要です。それに尻手ベルトと尻手ロープは必ず竿に付けておきます。何が釣れるかわからないうえにほったらかしにしておくんですから、しっかり固定されていないとちょっと大きい魚なら竿を持っていかれてしまいます。

竿はキス竿でも何でもいいんですが予備で持っていくのなら10〜30号ぐらいで1.8mのコンパクトロッドなどがいいですね。これなら使わないときに小さくしまっておけるのでボート釣りでは重宝します。

仕掛けは大物に備えてちょっと大きめにしておく方がいいです。仕掛けは市販のヒラメ用仕掛けやハゼ・メゴチ用仕掛けで十分。またシロギス用の仕掛けを流用するなら12〜13号でハリスが4号のもの。このサイズの針ならちいさなメゴチやピンギスの鼻にかけることもできるので飲ませ釣りにも応用できます。

大きい針を使っているだけあって小さな魚は掛かりにくく大きなサイズが釣れる確率が高いです。シロギスでも大型の可能性が高いしピンギスやメゴチを使った飲ませ釣りならアタリがあればヒラメやマゴチだと思ってもいいでしょう。

知らない間に釣れてるというのがほとんどだと思いますが、アタリを感じて早合わせをしてはダメです。特にヒラメの場合は30〜40秒待つつもりで竿先が突っ込んでから合わせるようにします。どちらにしても引きは強烈ですからあわてないように取り込んでくださいね。