キス釣りのポイント・テトラポット周り

キス釣りのポイント・テトラポット周り

海水浴場や漁港周辺でよく見かけるテトラポッド。

テトラポッドは正式な名前を消波ブロックといいます。海が荒れて波が高いときなどにこの消波ブロックが波を打ち消す役目をして浜辺や漁港を守っているんです。そんな役目をする消波ブロックですから当然そんな場所は潮通しがいい訳ですよね。ですからいろんな種類の魚がここを住処にしています。

テトラポットの釣りで有名なのはやっぱり根魚かな。メバル・カサゴあたりは定番ですね。こういう根魚と呼ばれるものはだいたいテトラポッドの中や周囲に沿うように生活していることが多いです。シロギスの場合にはテトラポットそのものに住み着く訳ではなくその周辺ということになります。浜辺からの投げ釣りでもテトラポッドの切れ目辺りを狙うとよく釣れるんですが、この周辺というのは潮の流れに緩急があったり当たったり巻き込んだりと変化に富んでいます。他のポイントと同じように潮通しがよくてエサが豊富なポイントだということと海が荒れたときでもテトラポット内側の波の静かなところに移動しやすいというのがその理由でしょうね。

実際少し波があるようなときにはテトラポッドを境に内側では線を引いたように波が消えていることが多いです。この波の境目付近は絶好のポイントで外側から入ってきたシロギスがたむろしてことが多くこのポイントで何度も爆釣した経験があります。

凪のときなどは少し外側でも釣果がいいこともありますし、大型のシロギスは内側・外側あまり関係なく釣れますのでいろいろ移動しながら釣ってみてください。テトラポット周りではできるだけアンカーを入れて釣るようにしてください。流れていないようでも気づいたらテトラポッドに擦ってたりすることもあります。ゴムボートなどはテトラポッドについた貝類で穴があくこともありますし風や波があればテトラポッドに当たったり乗り上げたりして転覆の危険もあります。テトラポット周りではできるだけテトラポッドに向かって仕掛けを投げるような位置取りで釣るようにしましょう。