キス釣りのポイント・ヨブとカケアガリ

キス釣りのポイント・ヨブとカケアガリ

キス釣りで海水浴場などの砂浜から投げ釣りをするときのポイントとしてよくいわれるヨブとカケアガリ。これはボートのキス釣りでも外せない基本のポイントです。

ヨブやカケアガリなんていうと聞き慣れないかもしれないんで、これが何かということを説明しますね。まずヨブですがこれは波が作る海底の波紋のようなもので、海水浴などで海の中を歩いているときに足の裏に感じる浜辺と平行に砂底にある帯状の起伏です。

もう一つのカケアガリも波や潮の流れが作るもので、こちらは海底が急に深くなる落ち込みの部分にあたります。このカケアガリも浜辺と平行に帯状に広がっています。

ではこのヨブやカケアガリがどうしてキス釣りでよく釣れるポイントなのかということですよね。キス釣りのポイント・ヨブとカケアガリ海底の起伏は潮によってできたものですからその部分はいつも潮が変化しているはずです。そんなところにはプランクトンが多く発生しますからシロギスのエサになるゴカイ類や小さな甲殻類がたくさん集まっているわけです。この小さな生き物たちの多くは砂に潜ってプランクトンなどを食べながらを生息しているんですがシロギスはそのゴカイ類や小さな甲殻類を食べるためにこういう場所を好んで住処にしています。

キス釣りの道具・箱メガネ

3〜5mぐらいの水深なら偏光サングラス越しに砂底を確認できますからシロギスの群れも見つけられることが多いです。箱メガネというヤツを使えばもう少し深くてもよくわかりますよ。

ヨブやカケアガリは仕掛けを引いてくるときにも確認できます。リールを巻いているとリールのハンドルが重くなったり軽くなったりするのがわかると思いますが、重くなるところがヨブやカケアガリです。当然カケアガリの方がググッと重くなります。

このググッと重くなるところではそのまま巻かずに少し止めてみてください。大型キスがいる可能性大ですから慌てないようにね。

海底の変化は水深が比較的浅ければ実際に目視で確認でいるんですが、波で荒れた後の海水に濁りがある場合には目で見ようにも確認のしようがないです。こういうときは仕掛けの代わりにオモリだけをつけて投げて確認します。オモリを引いてみることでカケアガリはだいたい想像できるようになりますから四方八方投げてみましょう。