服装・スタイルの注意点

ボートのキス釣りの服装・スタイル

ボートのキス釣りといえば初夏から秋にかけての釣行がメインになりますね。

暑い時期だということと足が海水に浸かるということでTシャツにライフジャケット、短パンにサンダル履きが一般的なところです。

ボートのキス釣りは気軽に釣りを楽しめることが魅力ですから、特別な服装がいる訳ではありませんが、「これは用意しておいた方がいい」というものがあります。

例えばライフジャケットは絶対に必要なものですし、風対策や日差し対策は忘れると後で大変なことになったりもします。私が今までの釣行で気がついたことを紹介したいと思います。

日差し対策

陸からの釣りと違ってボート釣りの場合は「ちょっと木陰で一休み」なんてことできないです。一日中直射日光にさらされる訳ですから直射日光から身を守る手だてをしておかないと熱中症や火傷のようなひどい日焼けをすることになります。

まず帽子ですが、これはボート釣りの必需品で初夏や秋にはキャップが手頃でいいですね。真夏になると少しでもツバの大きい麦わら帽子が役に立ちます。スタイルはイモ臭くても日本の夏にはやっぱり麦わら帽子がいいです。いいものは昔から廃れずに使われているんですね。

着るものとしてはTシャツが一般的ですがタンクトップは肩の日焼けを考えると避けた方が無難です。初夏や秋にはウインドブレーカーを、真夏には半袖のシャツを着ておくといいんじゃないでしょうか。

暑さや濡れることを考えると半ズボンという選択になるんですが、できれば膝が隠れるものがいいです。ボート釣りでは座ったままになるので膝上が特に日焼けします。膝が出るようならタオルでも載せておいた方がいいですね。

服装以外には日焼け止めクリームを塗っておくというのも方法です。とにかくあとで「しまった」ということのないようにしましょう。

ボート釣りで役立つもの

出航時点では風がなくても海上に出ると結構風があるものです。5月頃や晩秋になってくると朝晩は結構寒いですし、曇っていると海上でも風で肌寒いことが多いです。この季節にはウインドブレーカーを着ておくと何かと便利ですね。

真夏であればサンダルで構わないですが、かかとにベルトのついたタイプの方がボートの乗り降りのときに楽です。それからサンダルの場合は足の甲が結構日焼けしますのでマリンシューズやマリンブーツならベストですね。

暑い季節以外だと足下が濡れていたら寒いことがありますのでボート上で靴下をはくか、最初から長靴でもいいと思います。