キス釣りのタックルと仕掛け

ボートのキス釣りは小さくまとめて手軽に釣行する ボートのキス釣りで使うタックルはどんなもの。仕掛けは何がいいんでしょう。

仕掛けを投げリールをゆっくり巻きながら引いてくるというスタイルはボート釣りも投げ釣りと基本的には変わらないですね。違うといえば釣りをする場所で投げ釣りは浜辺から釣りますしボート釣りはボートの上からということになります。この釣る場所によって大きく変わるのがタックルや仕掛けの選び方です。

浜辺からシロギスを釣ろうと思うと遠いところから近くまでできるだけ長い距離の中でポイントになるところを探して釣りたいですよね。そのためには遠投のきく投げ竿と太くて長い道糸が巻けるリール、よく飛ぶ風の抵抗を受けにくい天秤というようなタックルと仕掛けを使います。

ボートのキス釣り場合はポイントまで海上を移動して釣るわけですから遠投する必要がありません。それより狭いボートの上で取り回しのしやすいものが必要になります。

ボートのキス釣りでは手軽に釣れることが一番の魅力ですよね。扱いやすいタックルを使うことが手軽で簡単なボートのキス釣りを楽しむポイントになります。

キス釣りのタックルと仕掛けの選び方とは

ではどんな竿とリールが使いやすいのか、仕掛けはどんなものを選べばいいのか、具体的に竿とリール、仕掛けを紹介してみましょう。

キス釣りのポイント