キス釣りのタックルと仕掛け・リールの選び方

キス釣りのタックル・リール

リールには釣り方に合わせたいろいろな種類とサイズがあります。

ボートのキス釣りで使うリールは小型で回転のスムーズなスピニングリールが向いています。3号のナイロンラインが100m程度巻けるものでダイワシマノなら2000〜2500番にあたります。これに近いお手持ちのリールがあればそれを使えばいいわけで小さいものなら1000番あたりでも問題はありません。反対に大きなリールは重くて使いづらいです。一日巻き続けるのは結構大変ですので小型リールをお持ちでない場合は新しく購入した方がいいと思いますよ。

リールを選ぶ場合は高級品になるほど軽くてベアリング数も多く回転性能も当然よくなりますが、キス釣りだけならそこまでこだわることはありません。
釣具店などで5千円〜1万円程度で販売されている中級品なら信頼性も高く他の釣りにも使えるのでお勧めですね。これより安いリールでもかまいませんが最初から道糸の巻いてある特価品などは信頼性が低く、数回使っただけで回転がゴロついたりスプールがガタつくこともあるのでやめた方が無難です。

どんな道具でもそうですが良い状態で長く使うためにはしっかり手入れをしてやることが大事ですね。特にリールの場合は精密機械ですので高級品でも廉価品でも釣りから帰った後の水洗いは必ずしましょう。ただし水につけて放っておくのはやめてくださいね。ベアリングにまで水が入って故障の原因になります。グリスやオイルを使って手入れをすればより効果的なんですがグリスやオイルは使う部分が決まっていますのでむやみに使うとかえって悪くすることもありますので注意してください。

リールにラインを巻くときの注意点ですがラインはスプールいっぱいになるように巻いてください。巻き方が少ないと仕掛けを投げたときスプールの先端に道糸が擦れることになりスムーズに出てくれませんしライントラブルの原因にもなりかねません。
2000〜2500番のリールならナイロンライン100mでだいたい一杯に巻けると思いますがPEラインの場合は細いので一杯に巻こうと思うとずいぶん多く巻かなければなりません。高価なラインだけにこれではもったいないので普通はナイロンラインを下巻きした上からPEラインを巻くというのが一般的な使い方です。リールの説明書には下巻き量が載っていますのでそれを参考に巻いてください。リールとラインを一緒に買ったときはサービスで巻いてくれるはずですからお店の方に巻いてもらえば安心ですね。

リールには品番に2000S2500Sというように後ろに「S」という表示をしたものがありますが、これは浅溝タイプといってルアーフィッシングなどに使われるスプール径の大きいもので、これならPEライン100m程度でほぼ一杯になります。2000番と2000S番はスプールが違うだけで本体は同じですから深溝タイプにナイロンライン、浅溝タイプにPEラインを巻いておけば1つのリールで2通りの使い方もできますよ。