キス釣りのタックルと仕掛け・竿・ロッドの選び方

キス釣りのタックル・竿・ロッド

キス釣りというと投げ竿というイメージがありますが、ボートのキス釣りの場合には投げ釣りのように遠投する必要がありませんから投げ竿というものはいらないです。それよりもボートの上では取り回しのしやすく扱いやすい長さの竿を使うようにしますが、これには船用の万能竿やキス専用の船竿、コンパクトロッドやルアーロッドなどがあります。

まずこれらの竿の扱いやすい長さというのはどのぐらいの長さがいいのかということですが、これは使うボートの大きさにもよるのですが、一般的にはボート上で竿の先端に手が届く長さですね。これはトップガイドなどに道糸が絡んだ場合に外すことができなかったり外せても結構苦労することになります。下手するとリールが海水に浸かってしまうなんてこともあります。

そういったことを考えると1.8mという長さが使いやすさの基準になります。最長でも2.4mでこれは少し大きめのボートですね。貸しボートではこれが限界かもしれません。ボートのキス釣り専用として売られているものであれば1.8m前後になっていると思います。

つぎに竿の重さですが、キス釣りは片手で操作する時間が長い釣りですからできるだけ軽い竿がいいです。釣り始めはワクワクしていることもあって重さなんて感じることもないですが、長時間釣っていると結構疲れが出てくるんですね。疲れがでてくると集中力もなくなってくるので釣れなくなってしまいますよ。

竿選びでもう一つ大切なものにオモリ負荷というものがあって船竿やコンパクトロッドならパッケージやカタログには必ず書いてあると思います。このオモリ負荷というのはその竿で使えるオモリの号数を示していてボートのキス釣りであれば10号前後のオモリ負荷があれば十分です。

一般にこの号数は水深が深くなるほど底をとるために重くするわけで、水深10mなら5〜10号を使い20mなら15〜20号を使うといった具合ですね。ですから深いところで釣らないなら大きい号数の竿はいらないということになります。ちなみに使うオモリの号数より竿の号数が大きいほど感度は落ちます。

キス竿と呼ばれるものはだいたい先調子に作られているんですが高級品の一部や船用の万能竿の中には胴調子のものもあります。先調子の竿は穂先が敏感なので活性が低くて食いの悪いときでもアタリが取りやすいです。反対に胴調子の竿は食い込みがいいので活性が高いときや流し釣りの置竿などにも向いていますね。余裕があれば2本持っていきたいところですが、どちらか1本ということになると先調子の竿がオールマイティーに使えるのでいいと思いますよ。

もう一つバスロッドを使うという手もありますね。バスロッドはルアーを投げるために設計されているので軽くて反発力も大きく感度もいいのでチョイ投げにはもってこいの竿です。バスロッドの中でもスピニングリール用で6〜7ftの長さのものでミディアムライト、ファーストテーパーのものが向いていますね。

竿を購入するときはできれば実際に手に持って軽く振ってみたいです。(天井や壁に当たらないようにね)
調子の見分け方は竿の先を天井に軽く当てて曲がり方を見ます。先の方が曲がれば先調子、全体に曲がるようなら胴調子と思ってください。

”簡単お手軽誰にでも”がうたい文句ですから手持ちのものがあるならまずそれを使ってみましょう。少々長さや号数が違ったってかまいません、何事もまずやってみる!やってみればどんな長さが使いやすいかということもわかりますよ。