キス釣りのタックルと仕掛け・仕掛けの選び方

キス釣りのタックルと仕掛け

シロギスを釣るためにはタックルとそれに使う道糸や天秤、ハリスと釣り針などの仕掛けが必要です。投げ釣りとは違った仕掛けを使いますのでそれぞれの使い方を説明してみましょう。

まずリールに巻く道糸ですがナイロンライン3号かPEライン1号を100m巻いておくのが基本的なものです。お手持ちのリールにこれに近いものが巻いてあればそれで十分ですよ。

最近流行のPEラインはナイロンラインに比べて約2.5〜3.5倍の強度があります。言い換えればナイロンラインの3分の1の細さで同じ強度があるということですね。ラインは細いほど水の抵抗が少なく感度が高くなりますのでアタリがとりやすくなります。そういうことから細くて強度のあるPEラインはキス釣りをはじめ最近いろんな釣りで使われるようになりました。ただこのPEラインも万能な訳ではないのです。まず高価だということ。ナイロンラインの2〜3倍はします。次に細い繊維を編んだものなので摩擦に弱くキス釣りのように底を引く釣りでは根で擦れると切れやすくなります。

キス釣りでPEラインを使う場合にはテンビンに直接結んでもかまいませんが、根擦れで弱くなるのを防ぐためにナイロンラインの3号を先糸として2m程度道糸につなぐという方法もあります。こうすることでPEラインが直接底に触れることがなくなるのでライン切れの心配が少なくなるのですがPEラインとナイロンラインをつなぐにはある程度慣れていないとうまく結べないかも知れません。せっかくつないでもその部分から外れたんではどうしようもないので初心者の方や自信のない方にはお勧めできないですね。テンビンに直接結んだ場合はテンビンから2mぐらいの間をたまに点検するようにしてください。繊維が毛羽立ってたりしたらその部分を切って結び直します。

テンビン仕掛け

この道糸または先糸にスナップサルカンをつけてテンビンを繋ぎます。テンビンは仕掛けが道糸に絡むのを防止しアタリを出やすくしてシロギスを確実に掛ける役目をしてくれます。

テンビンにはいろんな種類があり投げ釣りではジェットテンビンや海藻テンビンを使いますがボート釣りで使うテンビンは片テンビンと呼ばれるオモリをぶら下げるタイプです。

ボートのキス釣りでは水深によってオモリを使い分けますがテンビンごと取り替えていては釣りになりませんのでオモリだけを取り替えられる片テンビンがいいのです。大きさは10〜12cmでステンレス製の弓形が使いやすいです。なかには集魚力があるとかで赤や蛍光色のチューブがついているものもありますが効果は定かではありませんね。

これに使うオモリは4〜10号を用意します。オモリは軽い方がアタリを取りやすいので潮の流れに流されず着底できる一番軽いオモリを使ってください。

最後に仕掛けですが自分で作るよりも市販品を買った方が安くて確実です。ボート用や船釣り用としていろいろ販売されていますので1m前後の長さで2本針のものを選んでください。これ以外に長くて針数の多いものもありますが取り込みや手返しを考えるとお勧めできません。針は7〜8号が標準的なものですが大型狙いなら9〜11号がいいです。不思議なことに同じエサの大きさでも小さな針には小さなシロギス、大きな針には大きなシロギスが掛かるんです。針はシロギスのサイズ、お口に合わせてってとこですね。