キス釣りの釣り方・チョイ投げで釣る

キス釣りの釣り方・チョイ投げ

ボートのキス釣りはポイントを移動できますから釣りたいポイントへは自由にいけるわけですよね。と言うことは投げなくてもいい?・・・そんなわけにはいかないです。ハハ・・。

アジのサビキ釣りなどと違ってキス釣りは仕掛けを引いて釣りますから少なからず仕掛けを投げないと引くことができないです。

近くへちょっとだけ投げるのでチョイ投げ釣り。これがボートのキス釣りの基本です。周りは全部海なので四方八方好きなところに投げられるということです。

短い竿に軽い仕掛けですからコントロールはしやすいはずなので、力一杯遠くへ投げるよりも近くの狙ったポイントに仕掛けを正確に投げ込むようにします。

チョイ投げの投げ方には何種類かありますが一番狙いやすいのはオーバーヘッドキャストと呼ばれる頭の上から投げる方法。貸しボートなどで座ったまま投げるならこれでしょう。

右利きの場合でいうと、まず右手に竿を持って左手でリールを巻き仕掛けが竿先から10センチほど下がるようにします。リールのベールがちょうど上から見て左側にくるようにして右手人差し指で道糸を引っ掛けベールを起こします。いわゆる人差し指で仕掛けの重さを引っ張ってるわけです。

竿を振りかぶって仕掛けを背中側に垂らし頭上から前方に一直線に竿を振り抜きます。ポイントは竿のしなりの反発力を利用して仕掛けを投げること、無理矢理投げてはいけませんよ。ちょうど頭の真上ぐらいで道糸を話すと仕掛けは45度ぐらいの角度で飛んでいくはずです。これが一番飛ぶ角度で力もいりません。仕掛けが高くあがりすぎるようなら道糸を話すタイミングを遅く、手前に突っ込むようならタイミングを早くするとうまくいきます。

このときの注意点が二つあります。一つは振りかぶったときに仕掛けが海水に浸からないよう注意すること。せっかく付けたエサが水の抵抗で外れたりズレタリすることがありますからね。

もう一つは仕掛けを投げて着水寸前にサミングすること。これは仕掛けのトラブルを防ぐ大きな効果があります。

サミングっていう言葉はちょっと聞き慣れないかもしれませんが、磯釣り師の方やルアーフィッシングをされてる方ならよく使われるテクニックで簡単に言うとスプールから出ていくラインを指で押さえてラインの出る量をコントロールする方法です。キス釣りでは投げた仕掛けはオモリを先頭にして飛んでいきますが、着水寸前にサミングすることでオモリにブレーキがかかり仕掛けが先行するので道糸から針までが一直線になるんですね。

サミングをしてやることで仕掛けが道糸やテンビンに絡むといったトラブルはずいぶん減りますし、このやり方を覚えればすこし遠くへ投げた仕掛けを手前の思い通りのところへ落としてやることだってできます。

仕掛けが着水した後は自然に落下するようにラインをどんどん送り込んでやります。間違ってもベールを戻したりしてはいけません。せっかく投げた仕掛けが竿の先端を中心とした円弧を描いて手前に戻ってきてしまいます。着水後はオモリが着底するまで待ってベールを起こすようにしてください。スプールに軽く指を添えていれば道糸が出ていくのがわかりますよね。道糸が出ていくのが止まれば着底したということです。

最初にも言いましたがチョイ投げは難しくありません。何度か投げればきっとコツがつかめるはずです。それでは楽しい釣りになりますように。