シロギスの釣り方・キス釣りのエサ

キスの好物って何でしょう・・?

シロギスを釣るためのエサにはシロギスの好物を使わないとだめですよね。「シロギスの習性」でもいいましたが、シロギスは多毛類といわれるゴカイなどの砂底に住む生物を食べています。多毛類といってもピンと来ませんが、ゴカイといえばお分かりの方も多いと思います。いわゆるミミズに脚が生えたみたいなイメージのヤツですね。

虫エサを使うというと気持ち悪くて触れないという方もおられます。とくに女性は多いですね。最近はこういう方のためにワームやバイオワームなるものもあります。私も何度も使いましたが、切れにくく外れにくいのでエサ持ちがいいです。活性の低いときには動きのいい活きエサがいいですが活性の高いときにはエサ持ちがいいので手返しよく釣ることも可能です。競技用というものまでありますから一度試してみればいいです。

キス釣りで使う虫エサにもいろいろな種類があります。思いつくものをまとめてみましたので参考にしてください。

YouTubeにシロギス釣りのエサの動画がありました。シロギスの投げ釣りのものですが、同じことですので参考にしてください。

虫エサの種類

イシゴカイ

イシゴカイ

虫エサの中では最もポピュラーで、イソゴカイやジャリメと呼ばれることもあります。

岩場などの近くで石を持ち上げるといることが多いので、簡単に採取することもできます。一年を通して手に入るので一番多く使われています。



アオイソメ

アオイソメ

これも虫エサではイシゴカイと並んでポピュラーで、青虫や青イソメと呼ばれることもあります。

アオイソメはよく動いて発光性があるので夜釣りに使われることも多いです。別名朝鮮イソメともいい現在は中国産が多いようです。アオイソメはどこのお店でも一年中手に入ります。



チロリ

これはキス釣りでよく使われるエサで、別名をギボシイソメといい関東ではスナメと呼びます。

大型のキス狙いには欠かすことのできないエサで、よく動くので食いが悪いときなどの特効エサとして使われています。5月から10月頃までしか入手が困難で置いているお店もあまり多くありません。



マムシ

これもキス釣りでよく使われるエサで、別名を本虫や岩虫、岩イソメなどとも呼ばれています。

動きよりも匂いの強いエサでチヌや真鯛などにも使われる汎用のエサです。このマムシも置いているお店はあまり多くありません。



バイオワーム

チロリやイソメなどの虫エサそっくりに作られた人工のエサ。チロリ・イソメ・本虫・競技用などがあります。

チロリやイソメのエキスが配合されているのでキスの食いは本物と変わらず、ちぎれにくいのでエサ持ちもいいようです。虫エサのように石粉を付ける必要もなく、気持ち悪くて触れないとおっしゃる女性にはいいですね。



虫エサの付け方

キスの釣り方・キス釣りのエサ

虫エサを使われた方ならご存知だと思いますが、虫エサはヌルヌルしていてよく動くのでそのまま針を刺すのはなかなか難しいですね。そこでヌメリを取ってくれる石粉というものがあります。石粉は名前の通り石を切ったときに出る粉で、これを虫エサにまぶして使います。

付け方は虫エサの頭の部分を落として針が虫エサの胴体の中を通るように刺します。虫エサは口から針を通す方法もありますが、口が固いのと虫エサが刺されるのを嫌がって針を吐き出しますので、刺しにくいことこの上ないです。

使う長さは1.5cmから5cmぐらいでキスの大きさやその日の活性によって使い分けます。まず一投めはエサを半分に切って尻の方を使うのも食い気を知るいい方法です。尻の方はよく動きますからキスは食ってきやすいです。釣れた大きさと活性を見てエサの付け方を変えてみましょう。

一般的に見ると小さなシロギスには短いエサがよく大型キスには長めのエサが効きます。また活性が高いときは短い方がよくて食いが渋いときには長い方がいいと思います。

ピンギスの数釣りなどは針の長さより短いぐらいでもいいので、一匹を最初から細かく切っておけば手返しもよくなりますよ。大型のシロギスを狙うときには針に引っ掛けるように刺すチョン掛けの一匹掛けや、小さいものなら数匹を房掛けにしても効果があります。この場合は頭を切らないでください。その方がエサが弱らないので長持ちします。

餌屋さんで虫エサを買うとプラスチックのケースなどに入れてくれますが、このままでは使いにくいのでエサ箱が欲しいですね。専用のものでなくてもフタのついたものならいいんですが、できれば中が二分割されているものにしてください。片方に使う分のエサ、もう片方に石粉を入れておきます。

虫エサは弱りやすいので使う分以外はクーラーボックスに入れておくんですが、注意してほしいのは直接氷の上に虫エサを置かないこと。冷たすぎると虫エサは死んでしまいます。クーラーボックスに内ブタなどがあればいいんですが、なければ新聞紙などを敷いてその上に置いてくださいね。

エサの付け方や長さなどいろいろいいましたが、最後にエサの使い方で最も大切なこと。それは弱ったエサはどんどん新しいものに取り替えることです。